死別のシングルマザーは辛い~でもわかってもらおうと思わない方が楽な理由

大きな黄色のひまわりとミツバチの写真

死別のシングルマザーは、確かに大変。
何が大変かというと、状況的に大変。自分のこと、子供のこと、経済的なこと、将来のこと・・・

大変さに目を向けると、いっくらでも言えるもん!と、自慢したくなるほど。

そんな死別のシングルマザーだったリンゴですが、
今は子供は独立して、一人暮らしを謳歌しています!もちろん恋人あり。

そんな私ですが、「誰もわかってもらえない状況」っていうのは、なんだか辛かった。

出来れば、そんなネガティブな気持ちとは潔くおさらばしたいですよね。

「少しは、わかってー」という自分の気持ちを否定する必要はないけど、強く思うと、結果的には自分を苦しめたりするみたいです。

わかってもらおうと思わない方が楽な理由

別に同情して欲しい訳ではないのだけど、誰かにわかってもらえたら心が少し楽になるかもしれないって、ありませんか。

私はただ、「大変だったね・・・」
そんな暖かい言葉が欲しかっただけだったかも。

 

花が咲いてるイラスト

 

死別のシングルマザーの状況

死別のシングルマザーって、正直しんどいです。
私は、子供が小学生の時に死別のシングルマザーになりましたが、それからの道のりは紆余曲折。

楽しい暮らしをモットーにしていたので、楽しくもあり、幸せでもあったけど、
つきつけられる現実には、翻弄されることもたたありました。

女ひとりの子育ては、でんと責任が乗っかかってる感じもあるし、何といっても心細いものですよね。

それに、子供がいても寂しさというものは、付いてまわるものです。

 

大変と思いたくない

でも大変

 

寂しくなんかない

でも、寂しい

 

リンゴ

そんなこんなは、いっぱいある~

 

それは、死別のシングルマザーに限ったことではないかもしれないけど・・・

 

でもでも、死別のシングルマザーって少数だし、事情も特別。
しかも自分も特別だと思ってるから、「誰かわかってー

本当は、それが心の叫びだったようにも思います。

誰かにわかってもらったら救われるような・・・・・幻想

 

どうせわかってもらえないと思ってしまう

でも、そんな自分の気持ちをわかってもらえないときはとても悲しい気持ちになり、心は傷つきます。

と、言うかほとんどの場合は、なかなかわかってはもらえないものです。

でもそれは、ある意味仕方ないこと。
自分を含めみんな自分のことで忙しいものです。
それにいくら優しい人でも、本当のところはわかってあがられるものでもないかもしれない。

 

そして、わかってもらおうとすること自体を諦めることで、心がこれ以上傷つかないように身を守ります。

本当は「わかってほしい」と感じているのに、「どうせ誰もわかってくれない」という矛盾。

あまりここに固執すると、心がとても疲れてしまいます。
人間不信になったり、意地でも自分でがんばろうと思ってしまったり。

 

リンゴ

そんな時は、そんな風に感じてる自分を傍観するのがおススメです。

 

「そんな風に思ってるんだね~自分」。と言った感じ。

 

あまり深くまで考えない。
優しく見守る。

 

やっぱり人に期待すると、消耗し続けます。
なので、ジョジョに自分を自分で満たしてあげるようにした方が、楽になりますよ。

 

自分で自分をわかってあげる

自分を自分がわかってあげることができれば、不思議としんどさもだんだんラクになってきます。

行き場がなかった自分の気持ちが、落ち着いてくるようです。

 

自分の気持ちに十分寄り添ってあげませんか。

リンゴ

自分だけは、わかってあげよう~

辛かったこと。

悲しかったこと。

頑張ったことを褒めてあげたり、一緒に泣いてあげたり・・・

 

考え過ぎない

考えすぎると、そもそもなかったはずの問題まで、自分自身で作り上げてしまうことになります。

状況を判断して、前に向かって行動を起こしていく方が得策です。

 

大切なことは、

・ 前に進むこと。

・ 明るい未来を想像してみること。

想像はただだし自由
想像が将来の第一歩となったり、思考が現実をつくるなんてもありますよね。

 

大変な状況は変化する

もし今今大変でも、私たちは日々成長しています。

小さな木がやがて花を咲かせ、実を実らすように、私たちも自然に少しずつでも前に進んでいるようです。

 

死別当時小学生だったうちの息子は、今は社会人。

体が弱かった私は、今ではスポーツクラブに通って筋肉もつきました。
そして、旅行が趣味になりました。

 

未来を想像してみる

栗が実った木のイラスト

ピンチはチャンスだという人もいうけど、それって本当かもって思います。

それに、そうは思えなくても、そうだと思った方が良くはありませんか。心が明るくなります。

 

マイナスな部分があるから、それを補おうと頑張ってみたり努力してみたり・・・
時には、思いっきり休んでさぼってみたり、

そしたらいつの間にか、少しずつ成長している自分を発見したり状況が変わっていたり、他の人よりも何かが上手になってたり、知らない間に強くなっていたりするような気がします。

 

リンゴ

そりゃ~誰かに全部わかってもらえて、

慰めてもらって、

ついでに夢も叶えてくれたらなぁ~

リンゴの本音の本音

 

でもそう思うと、かえって疲れてネガティブにもなりがち。

と、いう訳でボチボチファイトでがんばろう!