死別の人との恋愛 交際が辛くなる理由や対処法

キバナコスモスの花の写真

死別の人との交際って難しい!って感じることは、
お付き合いしている中ではたびたび訪れることだったりします。

それは、かなりの人が感じる事なんではないでしょうか。

でも、ちょっとした工夫や、考え方や感じ方を見直すことで、
辛さは随分と回避できるものかもしれません。

それに死別の人も、お相手には気遣いするのは当たり前。

そうしたら、楽しい良い交際が出来るように思います。

死別した人との交際が難しく感じる理由

ぽっかり空いたような空いたような寂しさを埋めたい気持ち、
これからずっと一人かもって思う、なんとも言えない不安をかかえて、

私は、死別した数年後から婚活をはじめました。

今は、奥さんを病気で亡くされた死別の人と、結婚を視野にお付き合いをしています。

お互いが死別同士の恋愛です。

 

でも、死別の人との交際は、
独身のころの交際とは、かなり違っていたりします。

出逢ったときや付き合いはじめは、
人柄にひかれたり、なんとなく好きになったりと普通の交際とさほど変わりはありませんでした。

でも、

死別の人との交際は、正直キツイなーと思う事がいくつもあったりします。
一般的にも死別再婚は一番難しいとも言われたりしていますよね。

 

結婚してた人のことが気になる

私は、交際を始める時に相手が死別ってことにはとくにこだわりがありませんでした。
(自分も死別だし・・・)

一番大切なのは人間性、人柄重視って思っていたし、

恋愛は、当然、過去のことよりも未来、これからの事が大切!!
そうそう気にする必要もなさそうと、とても能天気! だったと思います。

 

結論的には、死別の人と上手くいくためには、この能天気!さえあればきっと大丈夫!!

と、これで終わってしまえる事なのですが、

そうもいかないのが、次々押し寄せてくる波の様な感情でした。

 

リンゴ

しばらくすると・・・

亡くなった奥さんのことが気になる・・・・

 

死別は避けられない別れ?

仲良くなるにつれ・・交際が深まるにつれ、時間とともにやってきたのがいろんなモヤモヤ感でした。

いろんなモヤモヤ感が出てくるのですが、その中でも気にしてしまうのが亡くなった奥さんの面影・・・
と、言ってもどんな人かは知らない人なんですけどね。

いわゆる嫉妬という感情みたいな。 トホホホ

 

死別=愛してる人と別離

 

そう感じてしまうんです。

 

リンゴ

はじめはね。奥さんが亡くなって大変だろうなー可哀そうだなーって優しい気持ちがいっぱいあるのだけど、そのうち自分の方が辛くなって可哀そうになってしまいました。

 

今だからわかるそんな時の対処法

そんな感情に振り回されて・・・随分とくたくたになりました。

今だったらわかるのですが、

でもそれは、たんなる感情のなせるわざ?だと思います。
本当に見なければいけない現実や大切な事とは違っていたり・・・

 

このことは、とくに交際初期におこりがちだと思います。

 

対処法

  • リセットして考える。(感情の混乱)
  • 新しい恋や愛を育てることが大切!
    妄想は現実とはほど遠いことがしばしばあります。
  • 時間が解決する。(交際初期におこりがち)

 

好きでなければ付き合わない

例えば、亡くなった人のことが今でも本当に好きで好きでたまらないとしたら、
新しい恋はしないものです。

私自身も死別だから、そう思うのかもしれないけど、
過去は、本のページを1枚ずつめくっていくように確かに記憶のどこかに存在してはいるけど、
そんなこともあったのね・・・と微笑ましかったり時には辛かったりとそれだけのことです。

誰でもやっぱりこれからのことを考え大切に思うものです。
幸せになりたいものですよね。

 

亡くなった人の面影を大切にしたい人は、新しい恋はしない。
今、一番愛されてることを自覚しよう💛

 

死別した相手の自覚が足りないとき

でも、死別の場合はちょっと特別で、

死別だから、相手は当然自分の事情をわかってくれてるはずでしょ!

そんな甘い?相手の考え方に苦しむこともあったりします。

 

なかには、死別だから前の伴侶(奥さん)のことも当然受け入れるべきだと考える人もいたりします。周りからもそのようなプレッシャーを受けることもあります。

だけどもこれを『当たり前』だと受け止め続ければ、とても辛くなってしまいます。

 

例えば、
亡くなった奥さんの話しをよくする。
家に遊びに行ったら奥さんの物がいろいろ置いてある。

子供がいる場合、当然母親になってくれるのだろう・・・

 

たぶん・・・・

本人は、何の悪気もないのだと思います。

相手が傷ついてるのも、わからない場合も多いものです。

 

リンゴ

私は、死別だけど、自分から昔のことは話さないようにしています。

どんな人だったの?と聞かれたら亡くなった主人とはあまり上手くいってなかったとやんわり話すことにしています。

 

 

対処法

  • 死別だからといって許されることばかりではないことを理解してもらう。
  • 自分の気持ちを素直に話す。(特に嫌だと思ってることは素直にやんわりと)

 

自分が当然と思ってることは、相手も当然だと思ってしまうことは誰にでもあったりしますよね。
なかなか相手の立場になって感じるのは難しかったりします。

特に死別した本人は、自分は可哀そうって思いがちだったりします。

 

でも、「○○ こういう事は辛いんです。」と言ってあげることで、
相手は、はっとしたりと何かしらの気づきがあると思いますよ。

これからの二人の良き交際のためにも、きちんと話し合ったりルールを決めたりしましょう。

 

でも改善しない場合は、また違う方法を考えましょう。

自分が我慢すれば良いという考え方には、良くないですよ。
心が壊れてしまったら大変です。

我慢ばかりだと思うのなら、違う道も考えた方が良いと思います。

死別の人との交際のコツ

リンゴ

死別の人との交際は、ゆっくりと付き合うのが良いと思います。

死別をする人は、歳をとってくれば多くなってくるのでしょうが、
交際相手としてはそうそう巡り合うものではありませんよね。

私も死別だけど、私の友人で死別してる人は一人くらいです。

国勢調査(2015年)によれば、海老蔵さんのように配偶者と死別した男性は165万人で、15歳以上の男性の3.2%だそうです。

そう考えても死別の人との交際は少し特別で、誰かに相談しても「なんだかなー」
わかってもらえそうにもなかったりしませんか。
ちょっと孤独にもなりがちです。

初婚や離別とはまた違って、相手の家族のこと位牌のことや普通だったら考えなくても良いことがいろいろ出てきます。

死別の人と付き合うのって、確かにむずかっしい

出来れば、初婚同士が一番よいですよね~

でもでも、たら れば の世界になっても仕方ないので、

 

★  素直な気持ちをちゃんと伝える。

 

★  勝手な妄想をしない

 

辛かったら他の人を探してもよいかも? くらいな気楽な気持ちが大切☆彡

考えすぎないで、楽しい交際をしてくださいね。
悩みの多くは考えすぎかも・・